s

管理栄養士

管理栄養士の仕事の魅力

栄養士と比べると知識をより求められるのが管理栄養士です。
仕事の特徴は、献立作成・食材発注・衛生管理・栄養指導といたって栄養士の業務内容と変わらないのですが、実際の現場では管理栄養士が栄養指導と栄養事務を担当していたり職場状況にもよるようです。
また、栄養指導は管理栄養士が指導すると診療報酬が会社に入るので会社は管理栄養士を求めているところが多いようです。
そんな私は現在栄養学専攻中なのですが、祖母が糖尿病で食事療法を学びたかったこと、もともと食べること・料理することが大好きで管理栄養士になりたいと思いました。
今このページを見ている方もそんな思いを持っている方なのではないのかなと思います。
管理栄養士に向いている人は「食べることがすき」なら管理栄養士をやっていけると先生がよく言っています。
自分の好きな仕事・やりたい仕事でお金が頂けるなんて最高ですよね!ちなみに管理栄養士の収入は18万円?25万円が相場のようです。
今の時代は、資格がものを言う時代といわれています。
管理栄養士の資格さえあれば、病院、福祉施設、学校教育機関、民間企業など多くの場所でチャンスがあります。
食べること・料理をすることが好きな方には魅力的なお仕事です!


ペットシッター

ペットシッターは、安心して働ける仕事です

日本は少子化なので、子供の数が減っているのもありますが、なんと、子供も数より、ペットの数が多いという現状になっているようです。それほど、人々にペットは必要となっていますし、その必要性をサポートする
ビジネスも、存在しています。

ペットシッターの副業 ペットシッターの在宅ワークなど
そのひとつが、ペットシッターです。仕事内容としては、エサや水、トイレ掃除など基本的な生活環境を整える事の他に、ワンちゃんなら散歩、ネコちゃんなら遊び相手になるなどとなります。
その他にも、健康をチェックしたり、緊急時にはすぐにオーナー様に連絡し、病院に連れて行くなどの対応をします。
日誌を書いたり、時間内であれば、他の家の雑務を行う場合もあります。
ただ、大切なペットですし、動物が好きな人でも、もしもの不安があることでしょう。
これについても、総合保障制度で保険に加入している場合がほとんどですし、プロの資格を持っていることが求められるので
自信を持って望めますし、非常に安心して働ける仕事だといっても、過言ではないでしょう。

 


女性の方が高い副業率

関東・関西・東北地域在住の25?39歳のホワイトカラー系正社員の男女を対象に行ったインターネットリサーチで、男女別の副業率をみると、男性17.4%で女性27.9%と女性の副業率の方が約10ポイント高い結果が出たそうです。やはり女性の方が堅実というか、現実派なんでしょうか(。・ω・) 

職業別では「医療/介護職(37.9%)」と「クリエイティブ職(37.3%)」の割合が高いようです。超少子高齢社会になってしまった今、医療や介護の需要って、やっぱり多いんですね_φ(・ω・`) それとは対称に就業率の低かった副業は「企画/事務職(13.0%)」「IT系エンジニア(13.4%)」「機械系エンジニア(13.6%)」です。確かに、エンジニア系を副業にするにはある程度の知識などが必要になりますから、誰でも簡単に出来る訳ではないですもんね(;´ ー`) 

事務系のお仕事の割合が低いのは好みやスキルという理由よりも、副業として短期・短時間での募集の絶対数自体がかなり少ないと思うので、この就業率なんですかね( ´・З・)?


副業の実態・怪しい?代行バイト

副業の中には、代行業というものもありますね。一般的に有名なのは、家事やお掃除の代行でしょうか。今時はマンションのコンシェルジュも代行業として募集がありますが、中には時々とても変わったモノもあります。

例えば「結婚式のゲスト代行バイト」なんていうのを聞いた事はありませんか?こういった変わり種バイトは、所謂便利屋さんや代行専門の業者が請け負ったりしているようです。それにしても結婚式のゲスト代行だなんて、本当に面白そう!!:・(*>▽<*)ゞ・: 収入は、一件あたり数千円程度のようですが衣装などは自前の為あまり高収入という感じではありませんが、おいしい料理や引き出物が戴ける特典があるので、やっぱり羨ましいですね(*´艸`*) 

とはいえ、在宅系と違って時間に自由が利かないし募集の枠も多くはありませんので、副業で会社が休みの週末だけ行うとかになっても収入源としては弱い気がしますね。興味はあるけど...バランスが難しいですね(;´ 3`)