女性の方が高い副業率

関東・関西・東北地域在住の25?39歳のホワイトカラー系正社員の男女を対象に行ったインターネットリサーチで、男女別の副業率をみると、男性17.4%で女性27.9%と女性の副業率の方が約10ポイント高い結果が出たそうです。やはり女性の方が堅実というか、現実派なんでしょうか(。・ω・) 

職業別では「医療/介護職(37.9%)」と「クリエイティブ職(37.3%)」の割合が高いようです。超少子高齢社会になってしまった今、医療や介護の需要って、やっぱり多いんですね_φ(・ω・`) それとは対称に就業率の低かった副業は「企画/事務職(13.0%)」「IT系エンジニア(13.4%)」「機械系エンジニア(13.6%)」です。確かに、エンジニア系を副業にするにはある程度の知識などが必要になりますから、誰でも簡単に出来る訳ではないですもんね(;´ ー`) 

事務系のお仕事の割合が低いのは好みやスキルという理由よりも、副業として短期・短時間での募集の絶対数自体がかなり少ないと思うので、この就業率なんですかね( ´・З・)?



コメントをどうぞ