資格で副業収入

【副業に生かせる資格】何を取ればいいの?
退職してから副業で生かせる資格を取ってみたいけれど、どういう資格が副業で有効なのかという方もおられるかもしれません。副業を考えるなら、とりあえずお金になありやすい資格をリストアップしておくことが大事です。

まずは自分がどんな分野で副業として資格を生かしたいのか、何に興味を持っているのか、在宅か外で実務か「やりたいこと」をリストアップしていくのが重要です。そこから逆算して取りたい資格を決めればいいのです。副業で使えそうな資格を見ていくと、例えば弁護士や司法書士や弁理士、税理士や宅地建物取引主任者とか、法律やお金に関する業務が一番有効です。

専門的な資格すぎず、一般市民が何気なく必用としていて金に関する業務に関しては安定した仕事になりやすいです。

がしかし、副業をするために難関資格などを取る勉強をしていたら勉強しているうちに人生が終わってしまうこともよくあります。

基礎学力がある方はどんどん効率よく勉強することで資格取得を目指してみるのも一つの手ですですが、基本は会社員や主婦やOLを並行しての副業になるので勉強のし過ぎと時間のバランスを考える必要があります。


【とりあえず、民間資格・ライターを目指す方のための資格(テープ起こし副業)】

パソコンで行う副業としてライターの資格があります。テープ起こしの仕事です。
テープライターは技能認定試験があります。具体的な仕事内容はテープライターとしてインタビューなを行い情報が収録されたテープを聞いて、それをタイピングして字にするという古典的な仕事・副業になります。これは民間資格なので、必ず取得していなければテープライターをしてはいけないというものではありません。

未経験者でもこうした文字に起こす仕事を行うことはできます。ですのでこの資格を持つことは、むしろ学習する段階やプロセスでテープからいかに敏速にレターに起こせるかどうかの技術とキャリアを積めるかどうかが成功のカギです。ライターの世界では技術もさることながら、キャリアが重要視されます。いきなりテープライターとして仕事をするよりは、ある程度数をこなして熟練しながら慣れていく必要があり一度得意先が見つかれば結構安定した副業になります。

【難しい資格】

医師、弁護士、建築士、司法書士や弁理士、税理士、宅地建物取引主任者や公認会計士といった法律や労務に携わる人のための資格取得は専門的な勉強と高い学力が必要です。