会社員・主婦の副業

【会社員・主婦のこれからの副業】

副業をする目的でなんらかの資格や免許を取得することは、副業活動のために大変便利です。特に営業が必要な場合は、自分のもっている資格を前面にだしてアピールすることで、信頼度が上がり仕事が有利に取れたりします。副業は自分の熱意さえあれば比較的に得やすい仕事だと言えます。資格まで取らなくても
「アフィリエイト」「データ入力」「ウエブデザイン」などの横文字がやたらと多い副業が増えてきていることが特徴です。

これも、時代の流れでしょうか。そのほか「株取引」「FX外国為替祥子金取引」などの副業も、主婦や女性の間で人気になっています。

【本業と副業の両立】
「副業」とは、文字どおり他の職業で稼ぐことをいいます。「終身雇用神話」が崩れ、一度本業についたら会社のために働き出世して給料とたくさん取る「やる気」も薄れてきました。また、本人の意志に関係なく、突然の解雇など住宅ローンなどが焦げ付いたりするご時勢です。しかも、会社は賃金を抑えるために経験浅い若手よりも経験豊富な熟年世代のほうを解雇対象にすることもあるのですから、なんとも皮肉なものです。そういう社会背景に危機感を感じて、自ら積極的に副業に取り組む人もいます。

副業に期待する理由は、自宅でできるという理由以外にも収入の増加やキャリアアップができることが人気の理由です。

これからの副業とは自分の希望を叶えるための大きなチャンスだと言えますので真剣に情報を集めて取り組みたいところです。


【会社員の副業】
30代といっても、前半と後半とでは社会における位置づけも大きく違ってきます。そのため、副業をする場合、新たに覚えたり副業の条件も異なってきます。一般的に、30代はいちばん柔軟に活動しやすい時期にあり、市場での需要も大きいといわれています。30代前半は、即戦力としての能力も期待されます。それまでの職場で培った経験がどれだけ副業で生かせるかがポイントで、それは仕事などを依頼する会社側も望んでいることです。一方、30代後半になると、過去の職場での実績が重要視されますし総合的な能力が求められるのです。


【主婦の副業】
女性の社会進出が進み、簡単には家庭に入らない女性が増える一方で子育て優先で仕事を辞めたり、産休制度がなく出産を機会に退職する女性も増えてます。

夫の仕事の収入低下という事情で、副業する女性も多く、女性専門の副業サイトなどもあるほどです。副業といっても初心者の主婦には難しいものも多くて全ての副業に関して一概に簡単なものとはいえません。それでもやはり、副業をせざる得ない場合が多く、主婦には年齢、スキルなど、家庭と両立させるための副業は一般的に取り組みやすいと言われています。女性は外で働いても男性に比べて給料が安い仕事が多いのですが、男副業なら自宅でできるので家庭と両立させることが可能な場合も多く男性でも女性でも報酬はおなじなので副業に踏み出す女性が増えてきてます。