ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨の取引所のデメリットとは?

仮想通貨の取引所のデメリットとは?

法定通貨を仮想通貨に交換するためには、取引所や交換所を利用することが最も効率的です。取引所は、交換所の交換レートよりも良いですが。時と場合によっては変化しますので、常に比較し注意しなければなりません。


取引所のデメリットは、取引が成立するかどうかは取引所の流動性に関わるため、状況によっては待つこともあります。具体的には、買いたい値段や売りたい値段には取引相手が存在しないことがありますので、指定した価格で売買をしたいという人が現れるまで待つことになります。また、相場が希望していた方向と真逆になってしまう場合もあり、いつまで経っても指定した値段で取引が成立することが難しくなります。


このような時は、良いレートに戻るまでひたすら待つか、悪いレートで成立させに動くか選択することが必要です。もしくは、別の取引所に移動することも選択肢のひとつになります。このように、注文を成立させて仮想通貨を引き出すまでの間の時間は常にリスクが伴いますので、注意しなければなりません。


取引自体もブラウザで取引を行うことは可能ですが機能が制限されてしまうため、スマートフォンで取り引きを行う際には注意が必要です。そして、交換レートの良さを優先するかやカウンターパーティ・リスクに晒される時間を短くすることを優先するかによって交換所を利用するか取引所を利用するかが異なりますので、どちらのデメリットも理解した上でかしこく利用することが大切です。



キーワード