ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨ニュース ネム

仮想通貨ニュース ネム

仮想通貨のネムは日本国内の大手仮想通貨取引所のひとつであるcoincheckがハッキングを受け、当時の相場で日本円にして約580億円相当が盗まれるという事件が2018年の1月26日に発覚して以降大暴落となりました。当初はネムそのものの安全性に大きな懸念が抱かれ、海外の大口の顧客が他の仮想通貨へと資金を移す動きも拍車をかけ、事件発覚前は100円代だったレートが40円代にまで大暴落しました。


後にcoincheckが本来ならばオフラインであるコールドウォレットで顧客から預かったネムを管理しなければならなかったところ、常時オンラインのホットウォレットで管理していた事が主な要因であることが正式に発表され、ネムのシステムではなく運用の問題だった事が判明してからは一旦値を戻したものの、犯行グループが盗み出したネムをロンダリングするために安価に売却している動きもあり、さらに右肩下がりの傾向は続いています。


coincheckではこの事件を受けて徹底調査を行う事を理由に全ての取り扱い仮想通貨だけではなく、日本円の入出金までも停止し一時は混乱も見られました。また、今回被害に遭ったユーザーに対しては同社が保有している資金から全額賠償する旨が発表されましたが、その額は下落後のレートから算出するというもので、本来あったはずの財産が毀損された事に不満を抱いたユーザーらが集団訴訟を起こす動きも出ています。


coincheckは仮想通貨の安心安全な提供を目指す各種団体に加盟しつつ、みなし仮想通貨交換業者として活動しながら金融庁による正式な認可を目指していた矢先だけに大きな衝撃を与えた事件でした。



キーワード