ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨ウォレット リップルは簡単なのか?

仮想通貨ウォレット リップルは簡単なのか?

リップルは仮想通貨の1つで国際送金に特化するシステムを持っています。通常仮想通貨はブロックチェーンを使い取引の承認を行うものが多いですがリップルは信頼できる一部の承認者により成り立っているのが特徴です。一般的な仮想通貨では人工が増えると取引量も多くなり重たくなるのがネックでした。こちらは特定の承認者によりネットワーク管理されるため即時性のあるシステムを構築しているのがメリットです。


ちなみに誰が承認を行うのかはリップル社が決めることになっています。今後はリップルが行うシステムが金融機関にも入ってくると言われているだけに注目といえるでしょう。

リップルの価値や取引は比較的簡単な構造をしているので難しく考える必要はありません。利用者が多くなればリップルの価値は上がると行った仕組みです。また価値は安定している商品なので取引所でウォレットを作っておくの良いと言えます。発行上限枚数も100億XRPと決まっていて半数以上の通貨を保有すると価値をコントロールしやすくなっているのが特徴です。実際にはリップル社が半数以上の通貨を保有している、2017年には550奥のXRPがエスクローによるロックアップがされている商品となっています。


エスクローは不動産取引をするときに決済の保全制度として誕生したもので第三者に預けているのが特徴です。これによりリップルの価値が暴落する心配がないので今後も安心して取引できます。



キーワード